Ushidama Farm

市民菜園でハーブや野菜を育てています

野菜

秋キュウリ苗の植え替え

8月に秋キュウリの苗を植えたのですが、9月初めの台風で根元から折れて、だめになってしまいました。 グリーンセンターにまだ、キュウリ苗が置いてあったので、店員さんに植えるには遅くないか聞いてみたところ、大丈夫とのことで植え替えることにしました。…

ニンニク、ラッキョウの植付け

ニンニクとラッキョウの球根を植えました。 6月に収穫して保存しておいたものの中で大きなものを選んで、種球としています。 ニンニクの球根は秋のうちに根を張り、冬は活動を停止します。 寒くなる前に、根張りが十分でないと枯れ死してしまうことがあるの…

キャベツ、白菜の植付け

9月中旬になり、キャベツと白菜の苗を植えました。 キャベツ、白菜は冷涼な気候を好む野菜です。 成長には植付けの時期が大きく影響し、時期が早すぎると気温が高いため、病害虫の被害を受けやすく、時期が遅くなると結球しなかったり、大きなサイズにならな…

ダイコンの種蒔き

夏野菜の収穫が終わった畑を耕し、ダイコンなど冬野菜を育てるため、畝立てをしています。 ダイコンは弱酸性でやせ気味の土壌を好むので、畝立ての際、元肥はボカシ肥を少しだけにしました。 肥料が多すぎると葉ばかりが茂り、根が太らなかったり、スが入っ…

ズッキーニの交雑

畑で丸型ズッキーニや星型ズッキーニを作っていますが、次の年に備えて種も採るようにしています。 昨年採った種から育てたズッキーニは交雑していたようで、いろいろな形や色のものができてしまいました。 今年も種を採るために残したズッキーニが大きく育…

ゴーヤの苦み

ゴーヤが次々と実り、収穫が続いています。 中には熟して黄色くなってしまい、割れて赤い種がこぼれているものもあります。 収穫したゴーヤ ゴーヤは独特の苦みが特徴で、主な苦み成分はモモルデシンという水に溶けやすい成分です。 この苦み成分は、胃液の…

赤いピーマン

ピーマンは未熟の青いうちに収穫することが多いですが、熟すと赤くなり、青臭さが無くなり、甘みがでてきます。 また、熟したものの方が栄養価が高いということで、赤くなるのを待って収穫しました。 収穫したものは、野菜炒めの具になりました。 赤ピーマン…

ハート模様のズッキーニ

今年もたくさんのズッキーニを収穫できました。 もう、8月も半ばを過ぎて収穫も終わりに近づいています。 その中で、面白い模様のズッキーニがありました。 緑色の下地に黄色の模様が入っているのですが、ハートのような形に見えます。 ハート模様のズッキー…

サツマイモの花

今年は紅はるか、安納芋、シルクスイートの3種類のサツマイモを育てていますが、紅はるかのツルの中に、ピンク色の花が咲いているのを見つけました。 サツマイモの花は熱帯、亜熱帯ではよく咲きますが、わが国では沖縄を除いて普通は咲きません。 ただ、今年…

グラスジェムコーンの収穫

グラスジェムコーンの収穫が続いています。 今年、収穫したものはきれいな色はしているのですが、色合いの似たものが多くなってしまいました。 昨年は種子を赤、オレンジ、黄、緑、空色、青、紫、白、黒、ピンクと色分けしてポットで育ててから、畑に苗を植…

ゴーヤの成長

ゴーヤの実が大きくなってきました。 5月中旬に芽が出ているのを見つけ、支柱を立て上へ誘引しました。 どんどん成長して7月には花が咲き、実がつき始めました。 このゴーヤは種を蒔いたり、苗を植えたものではなく、自然に生えてきました。 隣の畑で昨年、…

ブログ村の注目記事5

にほんブログ村の果樹・野菜、ハーブ園芸、花と園芸の豆知識のそれぞれのカテゴリーで、同時に注目記事の1位にランクインしました。 果樹・野菜のカテゴリーではニンジンの収穫が、ハーブ園芸では花オクラと赤オクラが、花と園芸の豆知識ではカボチャの収穫…

ニンジンの収穫

春蒔きのニンジンの収穫が続いています。 使う分だけ収穫していますが、畑に残っているものは、もう残り少なくなってきました。 夏蒔きの時期が来ていますが、今年は猛烈な暑さが続いており、雨が降らず畑が乾燥しきっているので、どうしようか迷っています…

花オクラと赤オクラ

花オクラと赤オクラの花が咲き始めました。 花オクラの花は実オクラに比べ、倍以上の大きさがあります。 花がおいしくなるように品種改良されたオクラです。 サラダやおひたし、肉詰め、天ぷらなどの料理に使えるということで、いろいろと試してみようと思い…

グラスジェムコーンの試し採り

4月に種を蒔いてから4ヶ月近く経ち、グラスジェムコーンの実が熟して、外皮が乾燥し、茶色くなってきました。 中には皮の隙間からきれいな色の種が、見えているものもあります。 外皮がよく乾燥して茶色になったものを、いくつか収穫して中の状態を見てみま…

サトイモの成長

梅雨明け後の猛暑で、非常に暑い日が続いています。 雨が降らないため、畑の土は乾いて白くなっています。 サトイモは湿潤を好むため、水やりを続けていますが、足らないようで葉が垂れてきて、葉の縁が茶色くなっています。 土寄せは本葉が2~3枚出た頃と梅…

ナスとピーマン

ナスは湿潤なモンスーン気候のインド東部が原産で、暑さに強く水分を好みます。 ピーマンは熱帯のメキシコやペルーが原産で高温を好みます。 根は共に主根型ですが、なすは主根深根型で乾燥にも加湿にも比較的強く、ピーマンは主根浅根型で乾燥に弱い傾向に…

オクラの収穫

オクラの実が毎日、採れるようになりました。 生のまま、きざんで納豆に混ぜたり、冷奴やソーメンの具に使っています。 また、野菜の煮物にも入れています。 収穫したオクラ 今年は春先が暖かったので、4月中旬に種を蒔き、5月中旬には芽が出てきました。 オ…

カボチャの収穫

今年は西洋カボチャの栗カボチャとスクナカボチャを栽培しています。 大きくなったものが、畝のあちこちで葉の隙間から顔を出しています。 収穫時期は7~8月で、収穫を始めました。 収穫適期は開花後1ヶ月半程で、ヘタがコルク状になり、ヒビが入り、表面の…

瓜の実

育てている瓜の実が大きく成長してきました。 植えてあるのはおち瓜と菊メロンの2種類です。 どちらもまくわ瓜の仲間で、生育旺盛で作りやすいタイプです。 おち瓜はメロンのような香りで瓜の中ではとても甘みが強く、菊メロンは悠紀メロンの改良品種で歯触…

スイカ、キュウリの収穫

今年、最初のスイカを収穫しました。 小玉スイカですので小ぶりですが、皮は薄く実は充実していました。 冷蔵庫で冷やし、早速食べました。 よくいろんでいて、瑞々しく甘みの強い美味しい味でした。 ただ、スイカは乾燥を好むので、長雨の影響で皮が茶色く…

自家採種(アブラナ科)

野菜の種をなるべく採種するようにしていますが、アブラナ科のオータムポエム、ブロッコリー、菜花、紫キャベツの種を採りました。 種の熟す時期がそれぞれ異なり、採種したのはオータムポエムと菜花は5月末に、ブロッコリーは6月中旬、紫キャベツは7月初旬…

ジャガイモ(アンデスレッド)の収穫

梅雨の合間に晴れの日が続き、土が乾燥してきたので、アンデスレッドを収穫しました。 アンデスレッドは中晩生で、収穫時期が6~7月と遅いジャガイモです。 春、秋と二期作が可能で、秋にも収穫しました。秋の方が収量が多かったです。 表面の皮は赤色で、果…

畑の野菜の花

今年度から畑が広くなったので、いろいろな種類の野菜を育てることができるようになりました。 春に種を蒔いたり、苗を植えたりしたものが花を咲かせ、実を結んでいます。 ナス科の野菜は花色が種類によって黄、紫、白と異なり、個性的です。 ミニトマト ナ…

トウモロコシの花穂

畑に直播きしたトウモロコシが順調に成長して、背丈が2mを超えるぐらいになってきました。 育てているトウモロコシは、グラスジェムコーンという背が高くなる種類です。 6月末になって花穂が開き始め、雄穂の雄しべが風になびくようになってきました。 その…

ニンジンの間引き

ニンジンの葉が混んできたので、間引きして株間10㎝ほどにしました。 5月に発芽して本葉2~3枚の時に1回目の間引きをしたので、今回2回目の間引きです。 間引きしたニンジンの中には、結構、大きく育っているものもありました。 種は自家採種したものを使っ…

枝豆

中早生の濃姫と莢娘の2品種を4月に植えました。 濃姫は黒豆で甘みがあり、家庭菜園向きの作りやすい品種です。 莢娘は濃緑色で、大莢の実入りが良い品種です。 共に3か月ほどで収穫できるので、7月には枝豆を食べられる予定です。 以前、枝豆を育てた時に、…

ネギの株分けと植付け

九条ねぎは分けつし易い品種です。 冬の寒さにあうとトウ立ちし、春にネギ坊主ができますが、トウ立ちした茎の脇に新芽もできてきます。 ネギ坊主に栄養を取られないように取り除き、新芽が育ってきたら株分けして植付けします。 九条ねぎは葉ネギの一種です…

ラッキョウの収穫

6月半ばになり、ラッキョウの葉が枯れ始めてきたので、球根を掘り出しました。 ラッキョウは1年、育てたものは大粒の球根が、2年育てたものは小粒の球根がたくさん採れます。 また、3~4月に若採りするとクセが強くなく、エシャレットとして生のまま食べられ…

星型ズッキーニ

4月末に種を蒔いた星型ズッキーニに花が咲き、実がついてきました。 種は自家採種したもので、昨年、実を1つだけ熟すまで残しておき、完熟してから種を採ったものです。 苗から育てた丸型ズッキーニは、もう実が大きくなり、いくつか収穫しています。 ズッキ…