Ushidama Farm

菜園でハーブや野菜を、庭で果樹や多肉を育てています。

多肉植物

リトープス 大津絵

大津絵は、はっきりとした丸みのある模様が、可愛らしい品種です。 南アフリカ北ケープ州のローリースフォンテーンの北西に分布していて、花崗岩や片麻岩質の石の多い地域に自生しています。 葉は周囲の地面や石の色に加え、質感さえ模倣していて、景色に溶…

フォーカリアの植替え

フォーカリアは冬型の多肉植物で、生育期は秋から春にかけてです。 夏場は水やりを控えていたため、葉が少ししぼんだようになっています。 また、3年間、植替えをしていなかったので、下葉が枯れ、枝も伸びて形が悪くなっています。 植替えのため、鉢から外…

リトープス4

リトープスは、石のような形をした多肉植物です。 形がおもしろく、可愛らしいので、数年前から育てていますが、どうも相性が良くないのか、よく枯らしてしまいます。 生育タイプは冬型で、秋から春にかけては日当たりの良い場所に置き、夏は日陰に移動して…

多肉植物の花10

庭のエケベリアやクラッスラに、花が咲いています。 エケベリア トップシータービーは、メキシコ原産で、毎年、夏から秋にかけてオレンジ色の花を咲かせます。 トップシータービーは、ルンヨニーの園芸品種で、突然変異で葉が逆に反り返ったような形をしてい…

オオベンケイソウ

オオベンケイソウは、ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属の多肉植物で、中国東北部から朝鮮半島にかけて分布しています。 以前はセダム属に分類されていたこともあり、セダム スペクタビルとも呼ばれています。 花色は白、ピンク、紅で、星のような形の小…

ハオルチア 新しい仲間3

グリーンセンターに買い物に行ったら、ハオルチアが何種類か置いてありました。 珍しい種類ではありませんが、お値打ちで、つい手に入れてしまいました。 ピグマエアとレツーサと竜鱗の3つです。 ピグマエアは、葉の表面が毛羽立った、不透明なものが多いで…

ハオルチア マクラータ

マクラータは、南アフリカ西ケープ州のウースターの北方からブランドブレイダムにかけて分布しています。 直径が3~7㎝のロゼッタを作り、葉の先端はわずかに湾曲しています。 葉先は尖っていて、葉の縁には棘があります。 葉の色は、緑から灰緑色で、太陽の…

デンマークカクタス

デンマークカクタスはシャコバサボテンのことで、デンマークで品種改良されたものが、日本に輸入され、デンマークカクタスと呼ばれるようになりました。 サボテン科シュルンベルゲラ属の多年草で、ブラジルの高山に自生し、現地では樹上の苔などにくっつき、…

ハオルチア スプレンデンス3

スプレンデンスの葉には、縦方向に走る線と光沢のある結節があります。 葉色は、日陰ではほとんどが緑色をしていますが、日差しに当たるとピンクがかった赤色に変化します。 葉の色や光沢、透明感、縦線と結節の模様などにより様々なバリエーションがあり、…

ハオルチア 紋寿

紋寿は、レツーサとコンプトニアナの交配種です。 葉には、緑色の太い筋とその間に不規則な斑紋が入っていて、とてもユニークな模様をしています。 手に入れてから1年程経っていますが、少し大きくなったかなという感じで、成長はゆっくりです。 日差しの当…

ハオルチア 斑入りの硬葉系

斑入りのハオルチアは希少で、錦の名を付けて呼ばれていて、斑入りのものを好む人も多いようです。 硬葉系の斑入りは、軟葉系のオブツーサのように透明感はありませんが、コントラストがはっきりしていてきれいです。 斑入りの部分は、白や黄色が多いですが…

ハオルチア 玉扇8

玉扇の株をいくつかもらったので、ずいぶん数が増えました。 中には大株もあり、見応えがあります。 玉扇は太根の主根型で、根が長く伸びるため、縦長の鉢に植える必要があります。 また、水はけが悪いと根腐れする恐れがあり、鉢底には軽石を入れ、水はけの…

ハオルチア クロムチカ

クロムチカは、南アフリカ西ケープ州のハイデルベルク周辺に分布しています。 レツーサとムチカの中間的な形態で、以前は ニグラという名称で、レツーサやムチカの変種として扱われていました。 葉の色は、薄緑色から非常に濃い緑色まであり、窓模様はすっき…

ハオルチア オブツーサ7

ハオルチアの成長のタイプは、春秋型で春と秋に成長し、夏と冬は休眠状態になります。 休眠中は水やりを控え目にするので、葉は乾燥した状態になっています。 成長期には、水を1週間に1回ほど、たっぷり与え、干からびた葉もふっくらとしてきます。 育ててい…

ハオルチア 雫絵巻

雫絵巻はベヌスタとオブツーサの交配種で、パープルレンズとも呼ばれています。 透明感が高く、紫色の筋が入っていて、美しい品種です。 葉が細長く先が尖っているところは、ベヌスタの特徴を受け継いでいますが、葉の表面に毛が無く、つるっとしているのは…

ハオルチア6

昨年の暮れにホームセンターで、エケベリアの集団の中に、1つだけハオルチアの名札を発見しました。 売れ残りのようで、値引きされていたので、つい手に入れてしまいました。 ただ、ハオルチアとしか書かれていないので、品種名はわかりません。 葉は大きめ…

クラッスラ クーペリー(乙姫)

クラッスラ クーペリー(乙姫)は、ベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物で、原産地は南アフリカケープ州です。 花色はピンクで、開花期は5~7月、9~10月です。 クーペリーの茎は横に広がり、上に伸びた茎の先にピンク色の小花が、数個まとまって咲きます。 …

ハオルチアの花7

ハオルチアは、種類によって開花時期が異なり、年中、どれかが咲いています。 今は、ブロンクホルスティー、クロラカンサ、レボルタの花が咲いています。 これらは、どれも小型の原種のハオルチアで、花はとても小さく、花数も少ないです。 また、玉扇や万象…

ハオルチア 氷河の成長

氷河は、コレクタとコンプトニアナの交配種で、ガラスのような透明感のある葉と網目状の模様が美しい品種です。 3年ほど前に、小さな株を手に入れて育ててきました。 翌年には花が咲き、今では倍以上の大きさに成長しています。 今までの鉢では小さくなり、…

ウチワサボテンの花と実

ウチワサボテンの黄色い花を見つけました。 この辺りはサボテン栽培が盛んな所で、近くにサボテンを育てている農家が何件かあります。 ウチワサボテンは、サボテン科オプンティア属の多肉植物で、原産地は南北アメリカなどです。 平たい楕円形の肉質な茎を持…

ハオルチア ツルギダ3

ツルギダの名称は、葉の透明な窓に由来するものですが、ツルギダの仲間は葉の大きさや形、模様などが変化に富んでいて、様々なタイプのものがあります。 ツルギダ カエスピトーサは、柔らかく茶色がかった赤色の葉を持つ小さな品種で、西ケープ州のバリーデ…

ハオルチア アラクノイデア

アラクノイデアの仲間は、葉の縁や先端の棘が長いのが特徴で、レース系と呼ばれています。 アラクノイデアは、南アフリカの西ケープ州ブリースター川渓谷のウスターからロバートソンにかけての地域に分布しています。 南側斜面の茂みの下や岩の間の日陰の場…

ハオルチア クロラカンサ

クロラカンサは、南アフリカ西ケープ州ハーバーツデール、モスベイ、グレートブラックなどの地域に分布しています。 主要な品種は、クロラカンサとその変種デンティキュリフェラ、サブグラウカの3種類です。 茂みの陰や岩だらけの斜面に生息し、クラスターを…

ハオルチア バリエガータ

バリエガータは、南アフリカ西ケープ州リバースデールとスティルベイの範囲にのみ、分布しています。 石灰岩質の岩の上に、大きなクラスターを形成します。 小さな種で、葉は長く直立した濃い緑色で、葉先と縁に棘があり、斑が入っています。 モデスタはバリ…

ハオルチア レイトニー2

レイトニーは、南アフリカ東ケープ州カイザースビーチ近くの沿岸地域に分布していて、葉色の赤みがかったピンクが特徴的なハオルチアです。 ハオルチアの中では日差しに強いタイプで、陽の当たる場所で育てると赤みが強くなります。 赤く発色すると、とても…

ハオルチア モンティコラ2

モンティコラは、南アフリカのユニオンデールから東ウィローモアにかけて分布していて、岩場の陰に隠れるようにして生息しています。 小型でシャープな細葉が特徴で、葉の表面はまだらになっており、バリエガータによく似ています。 ブロンクホルスティーは…

ハオルチア アイスキャンディ

アイスキャンディは、ウィミーとスプレンデンスとの交配種で、白い斑点模様がきれいな品種です。 この白いイメージから、アイスキャンディと名付けられたのでしょうか。 同様な交配種で、雪景色がありますが、やはり白い模様から、雪を連想したのでしょうか…

ハオルチア ムチカ2

ムチカは、成長が遅い方です。 葉は厚みのある尖った三角形で、灰緑色や濃緑色をしています。 葉の先端には透明感のある窓があり、窓には葉に平行に筋が走っています。 強光下では、葉は赤や褐色に発色します。 開花期は夏で、花は白色で淡い紫がかった線が…

ガステリア 銀沙子宝の花

銀沙子宝に花が咲きました。 子宝はガステリアの小型種に付けられた名称ですが、結構大きな株に成長しています。 花茎も大きく伸び、高さ60㎝を超えるほどになりました。 花もたくさん付いていて、見応えがあります。 ガステリアの花はオレンジ色で、開花期…

ハオルチア コンプトニアナ4

コンプトニアナは、エメリアエの変種で、エメリアエより大きく成長します。 また、成長も早い方です。 葉の表面は、滑らかで艶があり、透明感あふれています。 そして、葉に平行に白い網目状の線が走り、とても美しい品種です。 交配種も多く作られています…