Ushidama Farm

菜園でハーブや野菜を、庭で果樹や多肉を育てています。

多肉植物

リトープス 巴里玉

巴里玉(L.hallii)は、南アフリカ北ケープ州アピントンの南西、ダグラスの南、ホープタウンの南東、ヴァンウィクスブレイの北東に分布しています。 周辺はカルクリート、ジャスピライト、砂質頁岩など黄褐色の石と砂利の混ざった平坦な土壌です。 巴里玉には…

リトープス 微紋玉

微紋玉(L.fulviceps)は、ナミビアと南アフリカ北ケープ州の海抜700~1150mの高地に、生息しています。 現地は岩場と冷たい砂漠で、薄茶色や褐色、白、灰白色の珪岩や片麻岩、片岩、石灰石で構成されています。 学名のfulvicepsは、ラテン語のfulvus(黄褐色)…

リトープス 繭形玉

繭形玉(L.marmorata)は、南アフリカ リトルナマクアランドのステインコフ、ポートノロス、ポファデール、ビウールスドリフの間の地域に分布していて、白い珪岩の小石や灰白色、薄茶色、ピンク色などの片麻岩、ペグマタイトなど岩石の多い環境で生息していま…

リトープス 菊章玉

菊章玉は、福来玉を用いた交配種で、日本で作られた栽培品種です。 ピンクがかった灰色や灰色の肌に、頂面の窓には褐色や赤みのある菊の紋章のような模様が入ります。 菊の紋章とは、いかにも日本的な感じですね。 中国でも人気のある品種で、特に赤い色のも…

リトープス 富貴玉

富貴玉(L.hookeri)は、南アフリカケープ州の広い地域に散在し、半透明の珪岩を含む砂岩などの土壌に生息しています。 以前は、露美玉と呼ばれていて、富貴玉には富貴玉、丸貴玉、エレビーナ、サブフェネストラタ、スザンナエ、ダブネリー、ルテアの7つの変種…

サボテン

サボテンは特に集めていませんが、サボテンのきれいな花は好きです。 しかし、サボテンには、子どもの頃の苦い思い出があります。 実家には子どもの頃、サボテンのフレームがあり、トゲのいっぱい付いたものが並んでいました。 それを不用意に触ってしまって…

コノフィツムの育て方

コノフィツムは、南アフリカやナミビアの乾燥地帯に生育していて、乾燥に強い多肉植物です。 生育のタイプは冬型で、11月~4月に成長します。 夏の暑い時期は休眠します。 高温多湿を嫌うので、風通しの良い明るい日陰に移動します。 冬は室内管理にし、日光…

リトープス 源氏玉

源氏玉(L.gesinae)は、ベサニー、アウスの北とマルタヘーエの南南西の2か所だけの極く限られた地域に自生していて、風化した片麻岩のピンクと赤褐色の石の多い土壌で育っています。 gesinaeの名称は、発見者のデ ボア博士が、妻のジェシネの名前に因んで命名…

リトープス ザクロ玉

ザクロ玉(L.bromfieldii)は、南アフリカ北ケープ州のゴルドニア、ヘイ、プリースカ周辺に分布していて、白灰色や茶色がかった珪岩質の土壌の草の茂みやアロエの陰に隠れて生育しています。 bromfieldiiの名称は、発見者のH ブロムフィールドに因んで名付けら…

リトープス 日輪玉

日輪玉(L.aucampiae)は、南アフリカのホープタウン、セバーン、フライバーグの西、ニーケルクスフープの北などに分布し、鉄分の多い砂岩、チャート、珪岩の風化した赤みがかった砂利の中に、埋もれて生息しています。 分布域は紫勲玉に次いで、広い範囲です…

リトープス 青磁玉

青磁玉(L.helmutii)は、南アフリカ北ケープ州のステインコフの北東部に分布していて、半透明の白色や赤みがかった珪岩質の土壌に生息しています。 ヘルムティーの名称は、パストール マイヤー牧師によって発見され、息子のハルマート マイヤーの名前に因んで…

リトープス ノーリニアエ

ノーリニアエは、南アフリカ北ケープ州のスプリングボクの南東に分布していて、片麻岩の風化したピンクと赤褐色の土壌に、埋もれるように生息しています。 ノーリニアエ(L.naureeniae)は、C304の1種類だけで、コール夫妻によって採集され、妻のノーリン コー…

リトープス オリーブ玉

オリーブ玉(L.olivacea)は、ナミビアとの境にある南アフリカ北ケープ州のアッヘニアイルス、ポファデール、ナミーズなどの地域を中心に生息しています。 現地は石英の小石が広がる平原で、オリーブ玉の硬質な半透明の光沢は石英の小石に、よく似ています。 o…

リトープス 紫勲玉

リトープス 紫勲玉(L.lesliei)は、南アフリカ北ケープ州、北西プロビンス州、ハウテン州、フリーステイト州、ボツワナ南東部など、リトープスの中では最も広い範囲に分布しています。 この一帯は、夏に雨の多い地域です。 レスリエイが見つかる地域では、他…

ハオルチア コンプトニアナ5

コンプトニアナは、ハオルチアの中でも透明感が際立った美しい種で、交配種がとても多く作られています。 そして、コンプトニアナの特徴を受け継いで、美しいものが多いです。 月影、花影、星影は18年に手に入れた時には、どれも同じくらいの大きさでした。 …

プレイオスピロス ネリイ

プレイオスピロス ネリイは、玉の真ん中を垂直に割ったような形で、表面には斑点がある多肉植物で、見た目は小石そっくりです。 原産地は、南アフリカ北ケープ州のグレートカルー南部と東西ケープ州の境界にあるリトルカルー周辺で、頁岩や砂岩質の土壌に生…

ハオルチア ブラックベアの子株

ブラックベアは、ダークナイトと小林アトロフスカの交配種です。 ダークナイトはウィミーの交配種で、小林アトロフスカはマグニフィカの変種です。 ブラックベアの葉色は黒っぽい濃緑色で、葉の表面はざら肌です。 18年に入手した時には、きれいな形をしてい…

葉挿ししたコンコレの成長

ハオルチア コンコレは、コンプトニアナとコレクタの交配種で、葉の表面が艶やかで光沢があります。 18年の秋に、コンコレの植替えをした際に、取れた下葉を葉挿しました。 ハオルチアはとても丈夫で、葉挿しで芽が出てきます。 時々、水やりをするぐらいで…

メセンの仲間4

メセンの仲間のエブラクテオラとベルゲランサスが、5年間植え替えをして無く、型が崩れ、枯れた部分も目立っていたので、11月に株分けと併せて植え替えました。 1ヶ月以上経ちましたが、枯れていないので、無事、根付いたようです。 また、新しく銀鉾とビッ…

ハオルチア 十二の巻

十二の巻は、硬葉系のハオルチアで、ハオルチアの代表的な品種であり、中国ではハオルチア属のことを十二巻属と表記しています。 とても丈夫で育てやすく、園芸店でもよく見かけます。 ただ、強い日差しには弱く、強光下では葉先が変色したり、枯れたりする…

ガステリア5

ガステリアは、南アフリカ原産の乾燥に強い多肉植物です。 厚みのある葉を持っていて、葉の表面はワックス状物質で覆われ、光沢があります。 この物質により、植物内の水分の損失を効率的に保護しています。 強い日差しにあたると、葉焼けをすることがあり、…

メセンの花5

この寒い時期に、メセンの花が次々と咲いています。 メセンの仲間は葉の形は様々ですが、花は皆、マツバギクのような形をしています。 デロスペルマ 細雪 原産地は南アフリカ西ケープ州のアダムスクラール、ユニオンデール、ラングルーフ、東ケープ州のヒュ…

リトープス 李夫人

李夫人(L.salicola)は、南アフリカのルッホフの北西10~20㎞とホークタウンの南東15~40㎞の地域に分布しています。 標高1000m~1350mの岩塩地帯で、水はけの良い砂質の土壌や岩の割れ目に生息しています。 夏に雨季のある地域で、雨季には水浸しになること…

リトープス 寿麗玉

リトープス 寿麗玉(L.julii)系には、寿麗玉と福来玉の2種があります。 juliiの名称は、ドイツの植物学者カート ディンターが発見し、友人のジュリアス デレンバーグ博士に因んで命名されたとのことです。 寿麗玉は、ナミビアのバールドーム、ウォームバッド…

リトープスの花2

11月に、次々と開花していたリトープスですが、12月になり花も終わりに近づいています。 リトープスの花は黄色が多いのですが、白花種もいろいろとあります。 黄色い花は、明るい感じが印象的ですが、白花は純白といった白さで、清らかな美しさがあります。 …

リトープス 麗虹玉

麗虹玉(L.dorotheal)は、南アフリカ北ケープ州ポファデールの北15㎞の地域にのみ分布しています。 長石質珪岩を含む、細粒の石英と長石の混ざった砂地に生息しています。 dorothealの名称は、多肉植物の収集家ヒスティーン博士の娘ドロシア ヒスティーンに因…

メセンの仲間3

メセン類とは、ハマミズナ科の多肉植物のことを言い、主に南アフリカに分布しています。 乾燥した環境に適応するために進化した姿は、とても植物とは思えないようなユニークな形をしています。 生育型は冬型が多いですが、デロスペルマやフリチアなど夏型の…

ハオルチア ベヌスタ2

ベヌスタは小型で、透明感のある葉全体が、ふわふわとした微毛で覆われ、柔らかな雰囲気を持つ種です。 ベヌスタの交配種には、絵巻シリーズのように、その特徴を受け継いだ、美しい品種があります。 黒ベヌスタ 黒い筋が葉に平行に走り、全体が黒っぽく見え…

徒長したハオルチアの回復

春から屋外に出していたハオルチアですが、寒くなってきたので、室内に取り込もうと作業を始めました。 昨年、日陰においてあり、日照不足で徒長したオブツーサやベイエリは、今年はずっと日の当たる場所に置いてありました。 オブツーサの新芽は徒長しない…

グリーンセンターの収穫祭

この連休中、近くのグリーンセンターで収穫祭が催されていました。 野菜や果実、花木が中心で、大量に出品されている中で、多肉植物のコーナーも拡張され、サボテンやハオルチアなどが、所狭しと置かれていました。 出品されていた多肉植物 お祭りということ…