Ushidama Farm

菜園でハーブや野菜を、庭で果樹や多肉を育てています。

ハーブ 草花

イワシャジン

イワシャジンは、キキョウ科ツリガネニンジン属の多年草で、関東南西部から中部南東部にかけての山岳地帯の渓流沿いの岩場に自生しています。 花色は紫、白で、開花期は9~10月です。 花は先端が5裂した釣鐘型で、ぶら下がるように咲きます。 草丈は30~70㎝…

伊勢ナデシコ

伊勢ナデシコは、ナデシコ科ナデシコ属の多年草で、日本のカワラナデシコと中国のセキチクの交配種です。 江戸時代に、三重県松坂地方で改良が進んだ伝統園芸植物で、三重県の天然記念物に指定されています。 花弁の先が裂け、細長く垂れ下がる姿が美しい花…

ヘリクリサム パステル

ヘリクリサムは、キク科ヘリクリサム属の多年草で、オーストラリアの乾燥地帯が原産地です。 パステルは、従来種より病気に強く、株張りが良く、花付きも良い品種で、耐寒性も強い方です。 花色はオレンジ、黄、白、ピンクで、開花期は3~12月です。 ツボミ…

秋明菊

台風14号、15号と続きましたが、台風も去り、一夜明けて、すがすがしい秋の空になりました。 さて、秋明菊が細長い花径を伸ばし、秋の風にそよぐように咲いています。 秋明菊は、キンポウゲ科アネモネ属の多年草で、野山に自生する中国原産の帰化植物です。 …

秋の訪れ

台風が去り、急に涼しくなりました。 散歩していると、風が心地よいです。 そして、あちこちで、秋を感じる風景に、出会う様になりました。 道端に赤や白のヒガンバナが咲いています。 街路樹のイチョウの木に、実が一杯ついています。 もう、熟し始め、果肉…

数珠珊瑚

数珠珊瑚が、赤くて可愛らしい実を付けています。 数珠珊瑚は、ヤマゴボウ科リヴィナ属の多年草で、メキシコやブラジルが原産地です。 花は白色で、6月から10月にかけて咲き続けます。 花弁は無く、花に見えるのはガク片です。 実は直径5㎜ほどの大きさで、…

ミニガーベラ

ガーベラは、キク科ガーベラ属の多年草で、南アフリカが原産地です。 ミニガーベラは、ガーベラを品種改良した園芸種で、花径3㎝程の小輪系で、草丈は30~40㎝とコンパクトなサイズです。 花色は赤、オレンジ、黄、白、ピンク、紫、複色と豊富です。 開花期…

フィソステギア クリスタルピーク

フィソステギアは、シソ科カクトラノオ属の多年草で、北アメリカ原産です。 花色は白、ピンク、紫で、花穂を立ち上げ開花します。 開花期は6~10月です。 クリスタルピークは白花の品種です。 草丈は30~50㎝です。 和名のカクトラノオ(角虎の尾)は、茎の断…

秋の田園風景

この辺りは丘陵地で、昔から果樹栽培が盛んで、周りは果樹園が広がっています。 しかし、少し離れると風景は一変し、田園地帯が広がります。 水田の緑が美しいですが、黄色くなりつつあります。 9月も中旬になり、稲穂が頭を垂れてきました。 傍らには野草が…

エキザカム

エキザカムは、リンドウ科ベニヒメリンドウ属の多年草で、原産地はインド洋のソコトラ島です。 花色は白、ピンク、青紫で、6~10月にかけて長い間、咲きます。 花径1~2㎝の小さな花で、株一面にたくさんの花が付きます。 花は、ほんのりと甘い香りがします…

土手一面に、葛が繁茂しています。 伸びた蔓は、歩道にまで入り込んでいます。 花芽が伸びて、赤紫色の花が咲き、甘い香りが漂っています。 ファンタグレープ、そっくりの香りと聞いたことがありますが、確かによく似た香りです。 葛はマメ科クズ属の蔓性多…

セロシア ケロスファイア ライム

ライムグリーンの少し変わった色合いの花を見つけました。 セロシア ケロスファイア ライムという名称で、ケイトウの仲間です。 セロシアは、ヒユ科ケイトウ属の一年草で、原産地は熱帯アジアやインドです。 ケロスファイアは、オランダで育種された園芸種で…

リンドウ いわて乙女

リンドウは、リンドウ科リンドウ属の多年草で、本州から九州にかけての山地や草原に自生しています。 日本の他、中国、朝鮮半島、シベリアにも分布しています。 いわて乙女は、岩手県花巻で生産されている園芸品種です。 エゾリンドウの仲間で、花弁が開きに…

友禅菊

友禅菊は、キク科シムフィヨトリクム属の多年草で、原産地は北アメリカです。 以前は、シオン属に分類されていました。 日本へは明治時代に渡来し、全国各地に広がり、自生しています。 花径3~4㎝の小菊で、青や紫が代表的な花色ですが、赤や白もあります。…

ユーパトリウム セレスチナム

ユーパトリウム セレスチナムは、キク科コノキリニウム属の多年草で、アメリカ南西部からメキシコにかけて分布しています。 以前は、ユーパトリウム属に分類されていましたが、分類変更により、今はコノキリニウム属に分類されています。 ただ、ユーパトリウ…

トルコキキョウ

トルコキキョウは、リンドウ科ユーストマ属の多年草や一年草で、原産地は米国やメキシコです。 花色は赤、黄、白、ピンク、緑、青、紫などで、5~9月にかけて咲きます。 原種は青色の一重咲きですが、品種改良により、花色や花形が豊富になっています。 草丈…

夏の花6

お盆も過ぎましたが、まだまだ、暑い日が続いています。 暑さ厳しい中、咲く花は、めっきり少なくなっていますが、それでも、きれいに咲いている花を見つけました。 真夏の派手さは無く、どちらかというと秋の風情です。 ただ、開花期は7月から9月と真夏の花…

サボリー

4月末にサボリーの種を蒔きましたが、なかなか芽が出ないまま、次第に雑草が生え、覆われてしまいました。 雑草を取り除いたところ、サボリーの株が育っているのを見つけました。 しかも、花も咲いています。 サマーサボリーとウィンターサボリーの2種類の種…

ロベリア パラシオンブルー

ロベリア パラシオンブルーは、キキョウ科ロベリア属の多年草で、南アフリカ原産です。 花は濃い青色で、中心が白色です。 開花期は3~12月と、とても長く咲き続けます。 草丈は20~30㎝で、株は横に広がります。 細長い茎の先に花を付け、繊細な感じで、風…

ミソハギ

お盆が近づいて来ましたが、ミソハギはお盆に備える花として知られています。 ミソハギは、ミソハギ科ミソハギ属の落葉性多年草で、原産地は日本や朝鮮半島です。 水辺を好み、湿地や田んぼの畔など日当たりの良い、湿り気の多い場所に生息しています。 草丈…

サギソウ

サギソウの真白い花が、咲いているのを見かけました。 サギソウは、ラン科ヘベナリア属の球根植物で、日本、台湾、朝鮮半島などに分布しています。 日本では、北海道と青森を除く各地の低地の湿地に生息しています。 ただ、乱獲や環境の変化などにより減少し…

ミミカキグサ リビダ

ミミカキグサ リビダは、とても小さくて可愛らしい花を咲かせる可憐な草花ですが、一方で、食虫植物という顔も持っています。 リビダは、タヌキモ科タヌキモ属の多年草で、中央アフリカやメキシコの湿地帯に生息しています。 草丈は15㎝ほどで、へら形の葉が…

ダルマヒオウギとヒメヒオウギズイセン

ヒオウギは、アヤメ科アヤメ属の多年草で、日本やアジア各地に広く分布しています。 以前は、ヒオウギ属に分類されていましたが、現在はアヤメ属に変更されています。 ダルマヒオウギは、ヒオウギの変種で、矮性で草丈が40~50cmと低いです。 花は赤やオレン…

タイタンビカス

タイタンビカスは、アオイ科フヨウ属の宿根草で、アメリカフヨウとモミジアオイの交配種です。 花色は赤、ローズ、ピーチホワイトなどで、花径15~25㎝と巨大な花です。 開花期は6~9月で、一日花ですが、次々と咲き続けます。 草丈は2m以上になり、背が高く…

カラスウリ

雑木林の樹木の茂みに、つるを伸ばし絡みついて、白い花を咲かせているカラスウリを見つけました。 カラスウリは、ウリ科カラスウリ属のつる性多年草で、日本各地の山野に自生しています。 花は、花弁の外側が細い糸のようになり、真白なレースのような感じ…

サトイモ科の観葉植物

サトイモ科の植物は、熱帯、亜熱帯の地域に生息するものが多く、高温多湿には強いですが、寒さには弱いです。 また。真夏の直射日光は苦手で、半日陰を好みます。 葉色がきれいなものや、葉の形がユニークなものが多く、観葉植物として親しまれています。 花…

ピレア

ピレアは、イラクサ科ピレア属の常緑多年草で、ベトナムや西インド諸島などを中心に、世界の熱帯から亜熱帯にかけての地域に分布しています。 葉の美しい品種は、観葉植物として親しまれています。 草丈は30㎝ほどで、葉は卵形で、模様が入ります。 葉の縁は…

観葉植物

夏の暑い時期は、咲く花の種類や数が少なくなり、代って、美しい葉色や変わった葉形の観葉植物が存在感を増します。 熱帯性の植物が多く、暑い夏の時期に元気さが目立ちます。 ただ、意外にも真夏の直射日光には、弱いものが多いようです。 クロトン トウダ…

ガイラルディア アリスタータ ファイヤーホイール

ガイラルディア アリスタータは、キク科テンニンギク属の多年草で、原産地は北アメリカの北西部です。 ファイヤーホイールは、アリスタータを選抜して作られた園芸品種です。 花の中心は赤く、先に向かって黄色くなります。 花弁は、ラッパ状に口を開いたよ…

風蘭

風蘭は、ラン科フウラン属の常緑多年草で、日本の関東南部以西と朝鮮半島、中国南部にかけて分布しています。 自然の中では、常緑広葉樹林の樹木の樹幹や岩肌上に着生しています。 園芸種は富貴蘭と呼ばれ、江戸時代から鑑賞用に栽培されてきた古典園芸植物…