Ushidama Farm

菜園でハーブや野菜を、庭で果樹や多肉を育てています。

ハーブ 草花

スパティフィラム

スパティフィラムは、サトイモ科スパティフィラム属の常緑多年草で、熱帯アメリカ原産です。 花色は白で、花期は5~10月です。 白い花びらのようなものは苞で、花はとても小さく、中心にある花序に多数つきますが、目立ちません。 光沢のある緑色の葉と白い…

サンクエール

サンクエールは、クサトベラ科クサトベラ属の多年草で、原産地はオーストラリア南東部です。 スカエボラの仲間で、品種改良された園芸種です。 花色はピンク、白、青で、花期は5~10月です。 花弁が、5枚の羽根が翼を広げたような形をしていて、「cinq」サン…

やっと梅雨明け 青空とヒマワリ

長雨が続いていましたが、8月1日にやっと、梅雨明けした様です。 気象庁の発表によると、この地方は平年より11日ほど遅く、昨年より8日遅い梅雨明けで、8月に入ってからの梅雨明けは、11年ぶりということです。 1日は曇りがちでしたが、2日は朝から、青空に…

アンスリューム

アンスリュームは、サトイモ科ベニウチワ属の常緑多年草で、熱帯アメリカから西インド諸島にかけて分布している熱帯植物です。 花色は赤、白、ピンク、緑、紫などで、花期は5~10月です。 着色するのは、苞の部分で、花はとても小さく、中心にあるひも状の花…

グズマニア

グズマニアは、パイナップル科グズマニア属の常緑多年草で、熱帯アメリカ原産の観葉植物です。 熱帯雨林の樹木の上などに着生する、土が無くても生長できる着生植物です。 花びらのように見える部分は、葉が変化した苞で、長く色あせること無く、楽しむこと…

クルクマ アイルージュ

クルクマは、ショウガ科ウコン属の球根で、原産地はマレー半島です。 食用、薬用に利用されるものをウコン、観賞用に栽培されるものをクルクマと呼んでいます。 花色はピンク、白、紫、グリーンで、開花期は7~9月です。 花に見える部分は苞で、1ヶ月以上も…

緑道の花壇2

緑道を歩いて行くと、小さな花壇があります。 花壇には、サルビアやマリーゴールド、百日草などが植えられていて、どれもいっぱい花を付けています。 赤い色のサルビアが多いですが、青色のものもありました。 マリーゴールドは、黄色とオレンジの花が一列に…

サンブリテニア スカーレット

サンブリテニアは、真夏の暑さの中でも、咲き続ける強靭な花で、スカーレットは、鮮やかな赤色が眩しい花です。 サンブリテニアは、ゴマノハグサ科ジャメスブリテニア属の多年草で、南アフリカが原産地です。 花色は赤、ピンク、紫で、花弁は5枚でロート状に…

夏の花4

雨の日が多く、蒸し暑い日が続いています。 早く梅雨が明けてくれないかと思います。 夏の時期に咲く花で、何故か青っぽい花がよく目にとまります。 青色系の花はどこか涼しげで、清涼感があり、暑さを和らげてくれるような気分になります。 アンゲロニア オ…

夏の花3

暑い中、咲いている花の種類は少なくなっていますが、そんな中、元気に咲いている花を見かけると、元気を分けてもらった気持ちになります。 イヌラ 夏小町 キク科オグルマ属の宿根草 原産地 フランス、イタリア 花色 黄色 ポンポン咲きの可愛い花を次々と咲…

プレクトランサス モナ ラベンダー

プレクトランサスは、シソ科ケサヤバナ属の多年草で、アジア、アフリカ、オーストラリアの熱帯、亜熱帯地域に分布しています。 花色は紫、白、ピンクで、サルビアに似た花が穂状に咲きます。 開花期は5~11月で、最盛期は秋です。 耐寒性は弱い方で、冬は室…

アスター

アスターは、キク科エゾギク属の一年草で、中国北部が原産地です。 日本には、江戸時代に渡来し、夏の切り花として親しまれてきました。 仏花としても、よく利用されています。 花色は赤、白、ピンク、紫などで、一重咲きの他に八重やポンポン咲きもあります…

リアトリス

リアトリスは、キク科ユリアザミ属の宿根草で、北アメリカ原産です。 大正時代に日本に渡来し、花がアザミに似て、葉がユリに似ていることから、ユリアザミの和名がつけられています。 花色は紫、ピンク、白で、花期は6~9月です。 真っすぐに伸びた茎の上部…

畑のハーブとハチの巣

畑のハーブが、次々と花を咲かせています。 昨年、植えた株は、通路が見えなくなるほど大きく育ち、うっそうとしてきたので、オレガノやカモミール、ミント、ラムズイヤーなどを刈り込みました。 ダイナースカモミールの枝を切っていると、アシナガバチが飛…

ブラックレースフラワー

ブラックレースフラワーは、セリ科ニンジン属の一年草で、原産地はアフガニスタンです。 セリ科特有のホワイトレースフラワーに似た花が、初夏から夏にかけて咲きます。 花色は黒というより赤紫や茶色で、色の白いものから黒っぽいものまで、変化に富んでい…

夏の花2

晴れの日は真夏日、雨が降ればドシャブリと厳しい天気が続いています。 さて、花の少ない真夏の時期ですが、暑さに強い夏の花壇向きの花が、元気に咲いています。 アンゲロニア オオバコ科アンゲロニア属の多年草 原産地 西インド諸島、メキシコ、ブラジルな…

タチアオイ

近所の果樹園の一画に、タチアオイが植えられていて、満開になっています。 タチアオイは、アオイ科タチアオイ属の一、二年草で、中国や地中海沿岸が原産地です。 花茎が、真直ぐに人の背たけよりも高く伸び、花を穂状につけます。 花は花茎の下から順に咲い…

ポーチュラカ

ポーチュラカは、日光を好み、暑さや乾燥に非常に強く、夏のガーデニングに欠かせない花です。 スベリヒユ科スベリヒユ属の一年草や二年草、多年草で、南北アメリカを中心に熱帯から温帯にかけて広く分布しています。 花期は6月から10月で、赤やオレンジ、黄…

トレニア サイクロン

トレニアのフルニエリ種は、アゼトウガラシ科ツルウリクサ属の一年草で、原産地はインドシナ半島の熱帯地域です。 トレニア サイクロンは、フルニエリ種の園芸品種で、暑い夏にたくさんの花を咲かせる夏の花です。 花色は青、紫、白、ピンクで、開花時期は6…

セロシア

セロシアは、ヒユ科ケイトウ属の一年草で、原産地はインド、熱帯アジアです。 花色は、赤、オレンジ、黄、ピンク、淡緑と豊富で、開花期は7月から11月です。 セロシアというとあまり聞きなれませんが、ケイトウのことです。 ケイトウは、夏の暑い時期に元気…

畑の雑草4

しばらく雨が続き、やっと止んだので、畑に行ったら雑草だらけになっていました。 野菜の成長より雑草の成長の方が早く、放って置くと野菜が雑草に覆われてしまいます。 この時期、エノコログサやオオバコ、スズメノテッポウなどが目立ちますが、子どもの頃…

畑のハーブの花4

昨年、畑に植えたハーブの苗が成長し、大きな株になっています。 次々と花が咲き、畑はお花畑になっています。 そして、ハーブの良い香りに包まれています。 4月には、ラベンダーやローズマリーの花が咲いていましたが、今は、カモミールやラムズイヤーが満…

ホオズキの花

畑の片隅にホオズキが、植わっています。 ホオズキはナス科ホオズキ属の多年草で、6月から7月にかけて花を咲かせ、花後、ガクが成長し、袋状に果実を包み込みます。 8月頃には色づき、赤い提灯がぶら下がったような姿になります。 ホオズキの花は小さな白い…

夏の花

6月に入ったばかりなのに、真夏日が続いています。 暑さで、冷房なしではいられない毎日ですが、咲いている花もしおれそうで、水を欲しがっている様子です。 これから夏に向けて咲く花にも、枯れないよう水やりが欠かせません。 エリンジウム セリ科ヒゴタイ…

初夏の花5

日差しが強く、季節を先取りしたかのような暑さが続いていましたが、このところ、曇りや雨の日が増えてきました。 九州や四国はもう、梅雨入りし、この地方の梅雨入りも間近でしょう。 さて、春の終わりから夏に向けて咲く花が、今、最盛期を迎えています。 …

センニチコウ

センニチコウは夏の暑さに強く、春から秋まで長期間に亘って楽しめる花です。 ヒユ科センニチコウ属の一年草で、熱帯アメリカを中心に熱帯各地に分布しています。 暑さや乾燥には強いのですが、寒さには弱い方です。 花色は赤、黄、白、ピンク、紫で、開花期…

こぼれ種から芽を出した野菜

畑の一画をたい肥置き場にして、野菜を収穫した後の残渣や刈り取った雑草を積み上げ、たい肥を作っています。 3月にたい肥をひっくり返し、すぐ側のスペースに移動しました。 たい肥のあった場所は、きれいに片付けましたが、2ヶ月が経ち、雑草が茂ってきま…

道端の花12

農道の脇には、いろいろな種類の雑草が生えていて、草むらになっています。 ただ、定期的に草刈りされているので、背丈の高い草は生えていません。 それでも、草むらを観察してみると、いろいろな花が見つかります。 この時期、シロツメグサやハルジオン、ム…

エビネ

昨年、実家の解体工事の際に、不要になったものを、いくつかもらいました。 その中に、エビネや春蘭の鉢もあり、どんな花が咲くか楽しみにしていました。 残念なことに、春蘭は花が咲きませんでしたが、エビネは10鉢中5鉢に、花が咲きました。 4月に入り、花…

ペチュニア 緑色の花

園芸店で緑色の花のペチュニアを見つけました。 湘南ヴェルデという品種で、ボリューム感のある八重咲きの、柔らかな色合いの緑色が、爽やかな印象を与える花です。 湘南ヴェルデは、日本で開発された園芸種で、八重咲きで緑色の縁取りが特徴です。 ヴェルデ…