Ushidama Farm

市民菜園でハーブや野菜を育てています

ハオルチア ニグラ

硬葉系のハオルチアニグラは、南アフリカ東ケープ州のカルー地帯が原産の小型種で、砂礫や茂みの中に埋まるようにして自生しています。

葉色は黒っぽく、名前の由来になっています。

少し反り返った三角形のざらざらした肉厚の葉を交互に出して、直立した形状になります。

成長はゆっくりです。

ハオルチアの中では日光を好む方で、日陰では徒長する恐れがあります。

ニグラの仲間は亜種や変種が多くありますが、どの種もよく似ています。

ドドソンニグラ

f:id:ushidama:20180719081724j:plain

リネベルディ(秋の霜)

f:id:ushidama:20180719081837j:plain

?