Ushidama Farm

市民菜園でハーブや野菜を育てています

土着天敵

害虫をエサにして増える昆虫や微生物のことを天敵と呼びますが、その地域の畑や水田の生態系に元々いる生物で、害虫被害を軽減してくれるものを土着天敵といいます。

天敵には害虫そのものを食べる捕食虫や害虫の体内に入り、死に追いやる寄生虫などがいます。

害虫そのものを食べる捕食虫

 アブラムシを食べるテントウムシ、カゲロウ、ヒラタアブの幼虫

 ヨトウムシ、オオタバコガの幼虫を捕えるクモ、ゴミムシ

 アブラムシ、アザミウマ、コナジラミ、ハダニを食べるハナカメムシ、ヒメテントウ

 カメムシやチョウ、蛾の幼虫の体液を吸い取るシマサシガメ

害虫の体内に入り、死に追いやる寄生虫(寄生バチ、寄生バエ)

 コガネムシの幼虫に寄生するツチバチ

 チョウの幼虫に寄生するヒメバチ、ヤドリバエ

 カイガラムシに寄生するトビコバチ

ナナホシテントウムシ

f:id:ushidama:20180202101726j:plain

クサカゲロウ

f:id:ushidama:20180202102414j:plain

ヒラタアブ

f:id:ushidama:20180202101756j:plain

クモ

f:id:ushidama:20180202102017j:plain

害虫駆除で天敵をうまく利用するためには、天敵を害虫と思い、捕殺してしまうことがないよう、天敵をよく知ることが大切です。

また、天敵が住みつくようバンカープランツを植えたりして、天敵が活動するための環境を整えることが必要になります。

?