Ushidama Farm

市民菜園でハーブや野菜を育てています

鷹の爪

今年は鷹の爪をきれいに乾燥させることができました。

鷹の爪は、いろいろな料理に香辛料として使うので、毎年、1苗を植えて秋に収穫し、乾燥させています。

たくさんは使わないので、1苗で収穫できる量で1年間使うのに十分です。

乾燥させた鷹の爪 艶のある赤色をしています。

f:id:ushidama:20181214052004j:plain

6月 花が咲き、実ができ始めました。

f:id:ushidama:20181214052204j:plain

7月 実が赤くなってきました。

f:id:ushidama:20181214052307j:plain

8月 真っ赤になっています。

f:id:ushidama:20181214052423j:plain

収穫して乾燥させています。

f:id:ushidama:20181214052539j:plain

鷹の爪は赤唐辛子とも呼ばれ、料理に辛みを加えるスパイスとして、カレーやペペロンチーノ、チゲ鍋、麻婆豆腐などに使います。

種のついているワタの部分が特に辛みが強く、すりつぶしたものが一味唐辛子です。

辛み成分はカプサイシンというアルカロイド化合物で、食欲を増進させ、体を温める効果がありますが、摂りすぎると喉や胃が荒れてしまうことがあり注意が必要です。