Ushidama Farm

市民菜園でハーブや野菜を育てています

寒椿の花

寒椿の花が、庭の生垣や公園などで、目につくようになりました。

寒椿は椿と山茶花の交雑品種と言われ、山茶花の特徴を受け継いでいるため、山茶花の園芸品種として扱われることも多く、寒椿と山茶花を区別するのは難しいようです。

開花時期は11月~2月で、花色は赤、白、ピンクで八重咲のものが多く、花びらは山茶花のように1枚づつ散ります。

寒椿の花

f:id:ushidama:20181208080852j:plain

f:id:ushidama:20181208080907j:plain

f:id:ushidama:20181208080923j:plain

f:id:ushidama:20181208080937j:plain

f:id:ushidama:20181208080947j:plain

f:id:ushidama:20181208080956j:plain

f:id:ushidama:20181208081056j:plain

椿と山茶花も非常によく似た花を咲かせるので、なかなか区別が難しいです。

見分け方は、山茶花は花が散る時に花びらが落ちる。椿は花首から落ちる。

開花時期が、山茶花は10月~12月、椿は12月~4月で、山茶花の方が早く開花する。

花の形が、山茶花は平面的で、椿は立体的で厚みがあるなどの違いによります。