Ushidama Farm

市民菜園でハーブや野菜を育てています

ダイコンの種蒔き

夏野菜の収穫が終わった畑を耕し、ダイコンなど冬野菜を育てるため、畝立てをしています。

ダイコンは弱酸性でやせ気味の土壌を好むので、畝立ての際、元肥はボカシ肥を少しだけにしました。

肥料が多すぎると葉ばかりが茂り、根が太らなかったり、スが入ったり、中心に黒いしみが入ったりすることがあります。

また、又根にならないように、種を蒔く前には小石を取り除くようにしました。

ダイコンは涼しい気候を好み、生育適温は17~21℃で、種蒔きの時期は8月末から9月にかけてです。

まず、8月末におでんだいこんと聖護院大根の種を蒔きました。ダイコンは冬場のおでんや煮物に欠かせません。

おでんだいこん

f:id:ushidama:20180910082746j:plain

発芽した芽 もう本葉が出始めています。

f:id:ushidama:20180910082837j:plain

聖護院大根

f:id:ushidama:20180910082938j:plain

発芽した芽 本葉が3~4枚になったら間引きする予定です。

f:id:ushidama:20180910083017j:plain

カラフルなダイコンや二十日大根も育てようと、これから種を蒔く予定です。

彩り大根は紅化粧、ころっ娘、京むらさきの3種類です。

f:id:ushidama:20180910083820j:plain

ラディッシュは紫、赤、黄、白色の4種類です。

f:id:ushidama:20180910083834j:plain

サラダの彩りや酢の物に使おうと思っています。

?