Ushidama Farm

市民菜園でハーブや野菜を育てています

ハオルチア 万象

ハオルチア万象は玉扇に近い仲間で、南アフリカ西ケープ州にある、小カルーと呼ばれる内陸盆地の砂礫層の日陰斜面に生息しています。

刃物で切断した様な葉先に半透明の窓があり、ここから光を取り込んで光合成を行っています。

現地では窓部分だけを地表に出している半地中性植物です。

万象の名称は象の足に似ていることから名付けられたそうです。呼び方は園芸的にはマンゾウと言います。

窓の模様は白線が入ったり、雲のようになったり、中には赤や紫の線が入るものもあり、とても多彩でハオルチアの中でも人気の高い種類です。

日本だけでなく中国や韓国でも人気は高く、高額なものもあるようです。

春秋型の多肉植物で、育てやすい方ですが、日陰を好み日光が強いと葉焼けしてしまいます。また、成長がとても遅い種類です。

育てているのは小株が多いので、大きく生長するのは何年も先になるでしょう。

ただ、大きく育ったものもあります。

万象 K1

f:id:ushidama:20180620132819j:plain

万象 S-12

f:id:ushidama:20180620132909j:plain

万象 オーロラ象牙

f:id:ushidama:20180620132957j:plain

万象 トリコロール

f:id:ushidama:20180620133040j:plain

こちらもトリコロール とても小さいです。

f:id:ushidama:20180620133125j:plain

万象 レインボー

f:id:ushidama:20180620133219j:plain

万象 羽衣

f:id:ushidama:20180620133356j:plain

万象 春雷

f:id:ushidama:20180620133437j:plain

万象 大宝

f:id:ushidama:20180620133532j:plain

f:id:ushidama:20180620133552j:plain

万象 竹内大窓

f:id:ushidama:20180620133631j:plain

?