Ushidama Farm

市民菜園でハーブや野菜を育てています

ネギ坊主

ネギは成長して一定の大きさになったものが、冬の寒さにあたると花芽ができて、春にとう立ちします。

このネギ坊主を蕾のうちに早く取ってしまえば、新芽ができて成長しますが、そのままにして置くと茎は硬くなり、種を作るために栄養を取られ、成長が悪くなってしまいます。

茎の白い部分を食べる根深ネギは分げつしにくく、下仁田ねぎはまったく分げつしません。それで、種を採って更新しています。

また、青い葉を食べる葉ネギはよく分げつするので、ネギ坊主は早めに取っていますが、一部、種を採るためにネギ坊主を残しています。

下仁田ねぎのネギ坊主 右隣にあるのはジャンボニンニク

f:id:ushidama:20180425112854j:plain

九条ねぎのネギ坊主

f:id:ushidama:20180425112935j:plain

?