Ushidama Farm

市民菜園でハーブや野菜を育てています

トキワマンサク

トキワマンサクはマンサク科トキワマンサク属に1種だけ知られる常緑樹です。

中国南東部からインド北東部にかけて分布していて、最初、海外から持ち込まれましたが、その後、伊勢神宮で発見され、日本でも自生していることがわかりました。

花は細いリボン状で開花期の4月から5月には、株全体が花で覆われ美しく、庭木や生垣としてよく使われています。

近くの緑道に生垣として植えれていて、とてもきれいですが、よく見るとピンク色の花の他に赤や白のものがありました。

ピンク色の花

f:id:ushidama:20180418075355j:plain

f:id:ushidama:20180418075427j:plain

赤色の花

f:id:ushidama:20180418075509j:plain

f:id:ushidama:20180418075527j:plain

白色の花

f:id:ushidama:20180418075617j:plain

?