Ushidama Farm

市民菜園でハーブや野菜を育てています

マメ科植物と根粒菌

根粒菌はマメ科植物の根の内部に侵入し、植物と共生して生育する細菌です。

根粒菌が大豆などマメ科の植物の根に侵入すると、根粒と呼ばれる小さなコブを根にたくさん作ります。

根粒の中の根粒菌はバクテロイドと呼ばれる形態に変化して、空気中の窒素ガスをアンモニアやアミノ酸に変えて、窒素成分を植物に提供します。

その代わりに根粒菌は植物から糖分をもらい、エネルギー源としています。

マメ科の植物にはそれぞれ、決まった種類の根粒菌が共生し、異なった種類同士で共生することはできません。

共生できる植物がいないときには、根粒菌は窒素固定は行わず、他の細菌類と同じように生活しています。

大豆の根にできた根粒

f:id:ushidama:20180222154215j:plain

マメ科植物に、根粒菌が付くと窒素成分が供給されるため、窒素肥料を多量に施用することなく生育を促進することができます。

?