Ushidama Farm

市民菜園でハーブや野菜を育てています

たい肥作りと微生物

たい肥作りにはいろいろな微生物が関わっています。

野菜くずなどの有機物は、微生物によって徐々に分解され、次第にたい肥化していきます。

まず、最初に糸状菌が低分子の糖類やアミノ酸を分解します。しかし、糸状菌が急速に増殖すると呼吸熱によって、温度が上昇してきます。

糸状菌は40℃を超えると生存できなくなり、次に放線菌が植物の繊維組織やヘミセルロースのような硬いものを分解します。

放線菌の活動によって、温度はさらに上がり、60℃以上になることもあります。

放線菌の栄養源がなくなると活動が鈍くなり、温度が下がってきます。

その後、残った繊維組織を細菌が利用します。

また、リグニンなどの難分解性の高分子物質は担子菌が分解します。

そして、有機物の分解が進み、たい肥が出来上がります。

完熟したたい肥にはミミズが繁殖してきます。

?