Ushidama Farm

市民菜園でハーブや野菜を育てています

フェネストラリア

フェネストラリアは窓を意味する言葉で、名前のとおり、葉先にレンズのような窓があります。

原産地は南アフリカの乾燥地帯で、葉のほとんどは砂に埋もれていて、この天窓から光を取り入れ、光合成を行っています。

冬型の多肉植物で、夏の蒸れには弱く、風通しの良い場所に置いて、夏場は断水します。

成長期は9月から5月で、乾燥を好むため、水やりは月に2度ほど土の表面が湿る程度でよいようです。

花期は11月から12月で五十鈴玉は黄花、群玉は白花が咲きます。

手に入れた時に群玉と聞いていたのですが、花が咲いたらオレンジ色の花でしたので、

朱鈴玉だったみたいです。

f:id:ushidama:20171204112750j:plain

f:id:ushidama:20171204112807j:plain

11月の初め頃 花芽ができてきました

f:id:ushidama:20171204112931j:plain

f:id:ushidama:20171204113006j:plain

円柱状の同じような形をしたものにフリチアがありますが、こちらは夏型の多肉植物で夏の暑さに強く、フェネストラリアより育てやすいようです。

光玉は赤紫花、菊光玉は薄いピンクの花が咲きます。

?