Ushidama Farm

市民菜園でハーブや野菜を育てています

リトープス

リトープスはコノフィツムなどと共に玉型メセンの代表的な品種で、石のような姿をしていることから生きた宝石と呼ばれ、石塊菊とも呼ばれています。

原産地は南アフリカの乾燥地帯で、自生地では岩の割れ目や砂地に潜り、石に擬態をして捕食者から身を守っています。

茎と葉が一体となり、蒸散を抑え水分を溜め込むように進化していて、また、表皮の頂面に天窓と呼ばれる半透明な部分があり、天窓だけを地面に出して日光を取り入れ、光合成を行っています。

冬型の多肉植物で、成長期間は11月から4月で、年に1回、春に脱皮して大きくなります。

花期は10月から1月で、今が見頃です。花色は白か黄色がほとんどです。

ハマミズナ科 リトープス属 深窓玉

f:id:ushidama:20171122172914j:plain

ハマミズナ科 リトープス属 繭形玉

花の中心部分が白色で外縁は黄色です。

f:id:ushidama:20171122172957j:plain

ハマミズナ科 リトープス属 巴里玉

f:id:ushidama:20171122173237j:plain

ハマミズナ科 リトープス属 日輪玉

f:id:ushidama:20171122173332j:plain

ハマミズナ科 リトープス属 アルビニカ

f:id:ushidama:20171122173449j:plain

冬の成長期に日照不足だと軟弱になってしまい、夏の暑さで枯れてしまうことがあるので、しっかり日光にあてて育てようと思います。

?