Ushidama Farm

市民菜園でハーブや野菜を育てています

ゲンノショウコ

ゲンノショウコはフウロソウ科フウロソウ属の多年草で、日本全国の草むらや道端に普通に見られます。

昔から下痢止めの薬草として使われ、効き目が極めて速やかなことから現の証拠の名が付けられています。

夏から秋にかけて開花し、花色は白かピンクです。

秋に種を包んでいる皮が、スプリングのような力で上に巻き上がって、種を飛ばします。

種はとても小さくゴマ粒よりも小さいです。

種を飛ばした後の反り返った形は、とてもユニークで、果柄を立てた様子が神輿のように見えることから、ミコシグサとも呼ばれています。

種を飛ばした後の様子

f:id:ushidama:20171118105038j:plain

庭一面、種ができています。

f:id:ushidama:20171118105210j:plain

9月に花が咲いていた頃の様子

f:id:ushidama:20171118105258j:plain

?