Ushidama Farm

市民菜園でハーブや野菜を育てています

実りの秋 果実と木の実

庭の果樹についた実が、だんだん大きくなってきました。 富有柿は今年もたくさん実をつけて、少し黄色く色づいてきました。 ザクロや柑橘類も実をつけていますが、収穫はまだ、しばらく先になりそうです。 柑橘類は青々としています。 温州ミカン 伊予柑 夏…

キノコの森3

雨の日が相変わらず続き、雑木林の中はとても湿っていて、キノコが大量に顔を出しています。 以前、見つけた白いつぼみのキノコは、あちこちに生えていて、大きく傘を開いたものもありました。 他にも大きなキノコがいろいろと見つかりました。 これほどたく…

道端の花5

このところ、めっきり涼しくなり、秋の訪れを感じるようになりました。 道端には雑草に混じって、秋の草花が見られるようになっています。 いろいろな色合いのヒガンバナが、あちこちで咲いています。 穂をつけたエノコログサが、一面に拡がっています。 エ…

公園の花2

近くの公園で赤やオレンジ、黄色のカンナがきれいに咲いているのを見つけました。 花が大きく見ごたえがあります。 カンナはカンナ科カンナ属の球根植物で、草丈は40~160㎝と大柄のものが多く、花期は7~10月、花色が豊富で、他にはピンクや白色のものもあ…

ブルーベリーの収穫とジャム作り

今年はブルーベリーが豊作で大量にでき、7月末から熟したものを収穫してきましたが、9月に入り、熟し過ぎた実が落ちるようになりました。 土の栄養分にしてしまうのは、もったいないので全て収穫して、半分は生食で半分をジャムにしました。 ジャムは手軽な…

畑の昆虫4

畑ではニラの花が咲き、蜜を求めていろいろな虫たちがやって来ます。 ニラは8~10月頃に、葉の間から30~40㎝ほどの花茎を延ばし、半球形の花序に白い小さな花をいっぱいつけます。 実が熟すと黒い種がこぼれ落ちて、周囲にどんどん拡がっていきます。 畑の…

キノコの森2

再び、キノコの森ならぬ近所の雑木林に行って来ました。 今回はやぶ蚊に刺されないように、防虫スプレーをして、長袖、手袋、帽子となるべく肌を出さないようにしました。 林の奥の方で綺麗な白いキノコを見つけました。 他にもいろいろなキノコが生えていま…

キノコの森

秋雨前線の影響で毎日、小雨が降り続いています。 近くの雑木林では、しっかり水分を含んだ落葉の下からいろいろなキノコが顔を出し、キノコの森のようになっています。 見たこともないような大きなキノコや変わった形のキノコが生えています。 薄暗く湿った…

秋キュウリ苗の植え替え

8月に秋キュウリの苗を植えたのですが、9月初めの台風で根元から折れて、だめになってしまいました。 グリーンセンターにまだ、キュウリ苗が置いてあったので、店員さんに植えるには遅くないか聞いてみたところ、大丈夫とのことで植え替えることにしました。…

ニンニク、ラッキョウの植付け

ニンニクとラッキョウの球根を植えました。 6月に収穫して保存しておいたものの中で大きなものを選んで、種球としています。 ニンニクの球根は秋のうちに根を張り、冬は活動を停止します。 寒くなる前に、根張りが十分でないと枯れ死してしまうことがあるの…

キャベツ、白菜の植付け

9月中旬になり、キャベツと白菜の苗を植えました。 キャベツ、白菜は冷涼な気候を好む野菜です。 成長には植付けの時期が大きく影響し、時期が早すぎると気温が高いため、病害虫の被害を受けやすく、時期が遅くなると結球しなかったり、大きなサイズにならな…

ダイコンの種蒔き

夏野菜の収穫が終わった畑を耕し、ダイコンなど冬野菜を育てるため、畝立てをしています。 ダイコンは弱酸性でやせ気味の土壌を好むので、畝立ての際、元肥はボカシ肥を少しだけにしました。 肥料が多すぎると葉ばかりが茂り、根が太らなかったり、スが入っ…

ズッキーニの交雑

畑で丸型ズッキーニや星型ズッキーニを作っていますが、次の年に備えて種も採るようにしています。 昨年採った種から育てたズッキーニは交雑していたようで、いろいろな形や色のものができてしまいました。 今年も種を採るために残したズッキーニが大きく育…

万象、玉扇の花

ハオルチア 万象、玉扇の花は秋咲きで、いくつかに花芽がつき、小さな花を咲かせています。 花の大きさは1㎝にも満たない、小さなユリのような形の白い花で、縦に緑色のスジが入っています。 長さ10~30㎝程の花穂を伸ばし、交互に花が咲いています。 万象の…

台風が去って2

台風が去った後、近くの雑木林に木の実が落ちていないか、見に行きました。 しかし、木の実どころか、大小さまざまの枝が折れて重なるように落ちていました。 さらに、余程風が強かったのでしょう、大きな樹木が倒れたり、折れたりと惨憺たるありさまでした…

台風が去って

今回の台風は、とても風が強く各地に被害をもたらしましたが、菜園も大きな被害を受けました。 野菜を支えている支柱がほとんど倒れたり、曲がったりしていました。 中には根元から折れている支柱もあったので、余程、風が強かったのでしょう。 ゴーヤは支柱…

ハオルチア レツーサ2

レツーサは南アフリカ 西ケープ州が原産で、低い丘や平地の茂みの中や小石に埋もれて生息しています。 マグニフィカと生息範囲が重なり、現地では天然の雑種もみられるということです。 光沢のある厚い三角形の葉がロゼットを形成します。 また、葉の先端に…

ハオルチア ミラーボール

ハオルチア ミラーボールはドドソン紫オブツーサの交配種です。 葉先が尖った短葉で、葉の先端にノギがあり、葉縁にギザギザの鋸歯があります。 透明な葉の表面に葉脈の縦線が入っています。 キラキラとした感じからミラーボールと名付けられたようです。 ハ…

多肉植物の花8

9月になり多肉植物のいくつかが花を咲かせています。 ベンケイソウ科の多肉植物も花を咲かせているものがあります。 アドロミスクス クリスティタス 葉はへら状で、葉先がフリルの様になっています。 花芽はゆっくりと時間をかけて伸び、夏から秋にかけて小…

ハオルチア ルミニス

ルミニスは、以前はレイトニーに分類されていましたが、コーンフィールド産のものを分離して、現在は独立した種になっています。 葉先の窓が網目状になっているのが特徴で、レイトニー同様、きれいな赤紫色をしています。 5月頃のルミニス 外側は赤紫色で、…

菜園の様子6

夏物野菜は終わりに近づき、冬物野菜の植付けの時期になってきました。 トウモロコシはすでに収穫を終え、残渣を撤去しました。 最後に収穫したグラスジェムコーンの中には、白色と紫やピンク色の混ざったきれいな色合いのものがありました。 トウモロコシの…

サトイモの害虫

サトイモの葉が大きく開き、順調に成長しています。 サトイモは水を欲しがります。 今年は雨があまり降らず、水不足のため、水やりが欠かせません。 水をあげていると、葉が無くなっている株がありました。 よく見てみると大きなイモ虫がついています。 セス…

京の華錦

京の華錦はハオルチア シンビフォルミス アングスタータの白斑入りのものです。 丈夫で繁殖力が強く、よく子ぶきして増えます。 白斑には透明感があり、きれいです。 京の華錦 こちらは京の華です。 シンビフォルミスは東ケープ州の広い範囲に分布しています…

ハオルチア ベヌスタ

ベヌスタは南アフリカ 東ケープ州のカスーガ川近くの狭い範囲に分布しています。 小型種で成長は遅い方です。 葉の表面に柔らかな繊毛が生え、全体が白っぽく見え、クーペリーの中でも美しい種類です。 ベヌスタの花は6月に咲いたもので、白色の花弁に緑と茶…

ゴーヤの苦み

ゴーヤが次々と実り、収穫が続いています。 中には熟して黄色くなってしまい、割れて赤い種がこぼれているものもあります。 収穫したゴーヤ ゴーヤは独特の苦みが特徴で、主な苦み成分はモモルデシンという水に溶けやすい成分です。 この苦み成分は、胃液の…

ハオルチア 雷鱗

雷鱗(テッセラータ ツベルクラータ)は、竜鱗(テッセラータ)の変種です。 竜鱗と比べると網目が太く、葉裏と葉の縁のギザギザが強めということですが、同じように見え、区別が難しいと思います。 雷鱗 テッセラータは南アフリカの広い範囲に分布していて、ナ…

ハオルチア 旧氷砂糖

旧氷砂糖はハオルチア ツルギダの白斑の入ったものです。 緑色の中に白斑が入り、透明感があって非常にきれいです。 ただ、班の安定性が悪く、真白になったり班が抜けてしまったりするものが多く、成長点まで真白になったものは、光合成ができず枯れてしまい…

ハオルチア ピグマエア2

ピグマエアは葉の表面が毛羽立ち、ざらざらしていて白っぽく見えるものが多いです。 より白いものをと品種改良された結果なのでしょうか。 透明感のあるコレクタやコンプトニアナと比べると、落ち着いた雰囲気があります。 ピグマエア 露霜 ピグマエア×白銀…

ひまわりの種

ひまわりの種を採ろうと、花が咲き終わってから実が熟すのを待っていました。 採種時期は花が枯れてから1か月以上経って、実が乾燥して黒くなり、種を触るとしっかり硬くなった頃です。 最初に咲き終わった花は茶色くなってきましたが、小鳥が来てついばんで…

雑木林の昆虫

雑木林の中を歩いているとタテハチョウの仲間をよく見かけます。 クヌギの木の樹液を吸っているコムラサキを見つけました。 羽を広げた時に紫色が目に入り、もしやオオムラサキではないかと思いましたが、よく見るとコムラサキの雄でした。 傍らにはシロテン…